日々是好日

日記

週末は「金色の采配」公演です。

本日が最終稽古になりました。
金色の采配、本日が最終稽古日となりました。
お土産が、みんなおそろいの伊達家紋ストラップという、
綱元役の藤井君がめっちゃ粋なことをしてくれました。
まじで、藤井君、男前!!!!!
なので、さっそくあとでつけますよ!つけますよ!
というのも、劇団夜想会さんは先日まで「めぐみへの誓い」の舞台公演が
福岡、仙台とあったのです。
藤井君は劇団夜想会所属のため、そちらの公演に出演のために
仙台でのお土産~となりました。

夜想会のみなさん、本当にお疲れ様でした!!!!

さて、本日の最終稽古に
全員がそれぞれ課題を消化しきれたかなと思います。
私は、当日のテンション次第で変わるのですが、
当日、きっと私と新川くんが一番テンションが高いかもしれません。
それを上回るテンションで鈴木君がくるかもしれませんが、
そこを藤井君が、さらに高いテンションを上乗せしてくるかもしれません。
とりあえず、早く芝居させてほしい。

愛姫役の、ひなたえりちゃんが初舞台なので、
ぜひ、ぜひ温かい・優しい目で皆様見守ってくださいね。

今回、本当にこのメンバーでよかったと思います。
何度もいいますが、これじゃないとダメというのがあって、
ほかの誰でもなくて彼らじゃなきゃダメなんですよ。

≫ 続きを読む

日記   2016/11/23   chiyoasama

浅間の部屋(仮)放送休止となりました。

今日こそ放送かと思いきや、
またお休みとなりました、すみません。
前回も浅間の都合でお休みになりましたが、
今回も、ちょっとお休みさせていただくこととなりました。
スケジュール都合や、体調などもありますので
連続でのお休みとなってしまい、
タイムシフト予約を入れていただいた皆様や
普段からご視聴いただいている皆様には、
大変ご迷惑をおかけいたしました。
申し訳ありません。

今後の放送に関しましては、通常通り行っていけるかと思いますが、
状況次第ではこのようなことになってしまうこともあります。

なので、ご理解いただけたらと思います。
よろしくお願いいたします。


2016/11/23 浅間千代

≫ 続きを読む

日記   2016/11/23   chiyoasama

猫と戯れ再び

昨日は、とりあえず無理矢理オフにして、
猫と戯れてきました。
やらなきゃいけないことが多すぎるし、
仕事、仕事の日々なのですが
無理矢理オフにして、ねこぶくろで
猫と戯れてきました。
連れてってもらいました。

IMG_5043.JPG

ロシアンブルーがとても綺麗な子でした。
あとは、Instagramに写真載せますね。

そして、一日の〆は王将でした。

帰宅後、
公演で使用する着物の整理をしました。
作ろうと思っていたら、
着物を何枚か譲ってもらえたので、
作るのをやめました。

今日から公演直前まで追い込み作業になります。
入場特典は非売品なので、コピー本にしました。
装丁にこだわり出したら、
予算オーバーだったからです。

2月公演から、
スタッフに、私の友人、ちい氏が来てくれそうなので
私も気が楽になりそうです。

≫ 続きを読む

日記   2016/11/20   chiyoasama

来週

金色の采配はもう来週には公演ですよ。
早いですよね…本当にあっという間だった。
結局、あれしたいこれしたいというのが全然できずじまいですが、
もうすぐ本番を迎えます。
このあれしたい、これしたいというのは宣伝に関してなのですが、
それは2月に本気出してやるぜということにします。
2月はもっと気合いが入りそうです。

そして12月10日には「三つの貴石の物語」の公演があります。

毎日が必死です…。

そもそもは声優になりたかったはずなのですが、
どうにも人生はわかりません。
私は演者としてはあまり向いていないと思っていますし、
だから結局、主宰公演を打っているほうがいいんじゃないかなと思ってます。

今後どうなるのかな。

組織に属することがとにかく向いていません。

演出家に転向するというか、
そういう方面に進むことに関しては、
以前にちょっとお世話になった演出家の先生は歓迎してくれるんだろうなとか思います。
いろいろな事情で、連絡を取り合うことができませんが
そもそも、私に演者ではなく演出家になったらどうか?と言ってくださった先生です。
あの人がいなかったらそういう道を考えることはなかったと思います。

そうそう最近、パワハラとかセクハラの愚痴を聞くことが増えました。
はっきり言ってしまえば未来のある若い人たちへの嫉妬もあるんだと思います。
だいたい、自信に満ち溢れた能力のある年上の先輩方というのは
「やってみろ」と背中を押してくれます。
それができない人たちというのは、自信がそもそもない人たちで、
心にも余裕がないのです。
だから、セクハラやパワハラに走って、優越感に浸りたいのだと思います。

そう思うのは、私自身が結局そういうことで
心身ボロボロになった経験があるからです。

さて、もうすぐもう来週には本番です。
何度でもいえますが、彼らが一人でもかけたら、公演を中止するくらいの
そういう気持ちがあって、
誰一人として代役は立てられないのです。
それは、私の無駄なこだわりなのかもしれません。
でも、代役は嫌なのです。
なので、誰もかけることなく公演が行えればいいなと思います。
 

≫ 続きを読む

日記   2016/11/18   chiyoasama

酉の市と舞台観劇

酉の市に行ってきました。
11日は一の酉でした。
その帰りに、Dangerous Boxさんの舞台「晩餐狂想燭祭~惨~」を観てきました。
14947608_1139731349437106_4655927703468893130_n.jpg

毎年恒例になりつつある、酉の市に行ってきました。
熊手を手に入れてきたのです。
そして仕事に関するお参りなどをしてきました。
今回は、縁起が良さそうだということと、
たまたま熊手商の人でも足りなかったのもあり、
手締めのお手伝いをさせていただきました。
ありがたいことに、熊手を安くしていただいたり、
お釣りのお札が全部ピン札の綺麗なものでした。

酉の市についてのあれこれは、浅間が紹介するよりも
神社のHPを観た方が早いかもしれません。
浅草 鷲神社 http://www.otorisama.or.jp/

この帰りに、浅間主宰公演では最早おなじみの、
鈴木将之くんの出演している舞台、
「晩餐狂想燭祭~惨~」を観劇してきました。

14962668_1139946502748924_2012173638751693972_n.jpg

Dangerous Boxさんには、
浅間がお世話になっている、冨永さんというお芝居と殺陣では、
男性としてはとてもとても素敵なお色気たっぷりの役者さんや
お芝居を心の底から楽しんでいる篠原さんという美人な役者さんがいらっしゃいまして、
私はこの二人も、とても大好きなんですけども、
今回の公演には、私の大好きな政賀友希ちゃんも出演していて、
とてもとても楽しかったです。
とにかく篠原さんのお芝居が、私は本当に好きで、
この人は、言葉を紡ぐという行為を心の底から楽しんでいるのが、
その表情と立ち居振る舞いから伝わってくるのです。
同性の役者さんに対して、なかなか興味を持てない私ですが、
篠原さんは本当に別格で、別格で、
本当に好きなんですよね、何でこの人、こんなに良いんだろうと思うくらい。

鈴木君は、本当に本当にいい声で、一つ一つ、一音、一音、
丁寧に出す人なので、それが舞台で活きていたのでうれしかったです。
稽古を掛け持ちして、それこそ「晩餐狂想燭祭~惨~」の稽古は大変だったと思うんですよ。
セリフとかだけじゃなくて、動きとか。
で、私の方の稽古に来たら、ある程度のOKは出しても、
私は「もっといいの作ってこれるよね?」「できるよね?」のスタイルなので、
本当に、「晩餐狂想燭祭~惨~」の本番を迎えるまで、彼の心は不安だったと思います。
何より、色々と心配してくれたDangerous Boxの篠原さんには本当にありがとうと言いたいです。

まるで本を読んでいるような公演でした。
写真集から言葉があふれだしてくるような、そんなイメージです。
まだ公演が続いているので、お時間ある方はぜひ、彼ら彼女らを
そして、その艶やかな世界に漂う悲哀というものを観てきていただきたいです。

Dangerous BoxさんのHPはこちら
http://tomyujing.wixsite.com/dangerousbox

≫ 続きを読む

日記   2016/11/12   chiyoasama

稽古日/ニコ生はお休み

本日は11月26日・27日公演の「金色の采配」稽古日でした。
浅間のスケジュール都合によりニコ生はお休みになりました。
公演チラシ2表.jpg

本日は、稽古日でした。

鬼庭綱元役の藤井君が劇団夜想会公演のため先週お休みしたのですが、
その分、ガッツリと大まかに仕上げてきてくれました。
彼は、今回、いろいろと演じるわけでして
声での演じ分けをしてほしかったのですが、
私が言う以前に、きっちりそこは仕上げてきてくれました。
声優業に本腰入れたら、すごくいいところまでいくんじゃないのかな。
声は本当に魅力的ですよ
中低音で野生的で上品という、ある意味、珍しいタイプです。

今回の主役、政宗様の新川くんも、だいぶ仕上がってきていますが、
ここは後もう少し。
本番には仕上がってベストな状態であることでしょう。
彼は、本当に青年声がさまになるというか、
さまになる以前に、青年なんですけども、
典型的な主人公声というか、または主人公のライバル声というか、
いつか、もっと大きなところで、
彼は演じる人になるんだろうなぁと。
荒削りですが、それくらい魅力的な子です。

片倉小十郎役の鈴木将之くんですが、
劇団DangerousBoxさんの公演
「晩餐狂想燭祭~惨~」に出演いたします。
11日~15日までなので、彼はなかなかハードスケジュールです。
そういう中、こちらの言いたいことを汲んで、
いいところまで仕上げてきました。
こちらはこちらで、曲者やらせたらピカイチですからね。
前回の「幻怪」では村正を演じたときの彼は、本当によかったよね。

愛姫様のひなたえりちゃんは、
やっぱり確実に仕上げてきてくれていますね。
彼女の後半の台詞は、心を打つものがあります。
私は、えりちゃんの台詞を一つ一つ丁寧に
ちゃんとそこに感情を乗せてくれるのが
とても好きです。
本当に、本当に素敵な子なんですよ、えりちゃん。

で、弟たちが仕上がっているのに、
私はまだまだ不安定なのです、そう弟たちといえば
想像できると思いますが、
今回、私が演じるのは片倉喜多。
綱元と小十郎の姉でございます。
私は、喜怒哀楽でいうところの喜とか楽とか、
普通にちょっと欠けちゃってる人間なのですが
今回の喜多は、怒と悲がテーマなんで、
きっちりと本番までによりいっそう仕上がるようにがんばります。

≫ 続きを読む

日記   2016/11/09   chiyoasama

チャリティー能

日々寒くなってきましたが、
先日、常総チャリティー能を観に行ってきました。
水害のあった常総市ですが、
すっかり忘れ去られてしまっている部分はあるかもしれません。
そういう中、常総チャリティー能が開催されていましたので、
水海道まで行ってきました。

チャリティー能.jpg

狂言は佐渡狐。
野村万作さん、萬斎さんが出演されまして、
まぁ萬斎さんの表情の作り方の細かさと立ち居振る舞いは、
ちょっとざわついていたお客様たちを
静かにさせるほどの、それだけの存在感がありまして、
何より、万作さんが出てくると、もっと空気感がしまるという。
チャリティーで観させていただくには、本当に豪華なんですけども、
何より、昼間にも公演があったのにも関わらず、
皆さんこうやって寒い中、舞台に立たれるわけですよ。
並大抵じゃない集中力で。
それが本当に、本当に素晴らしかったです。

能は観られた方は分かると思いますが、
作中に入り込むまでに少し時間がかかります。
時間がかかるというのは、能の独特のテンポに
慣れていないと入り込めないというところからです。

そんな中、どう楽しんだら良いのか
最初に説明がありましたから、
初めてみた!という方でも、楽しめたのではないでしょうか。

紅葉狩は、鬼と平維茂と
それぞれの佇まい振舞いに、感嘆とし溜息が出ました。
いい意味での溜息です。
平維茂の謡と所作もですが、
女が鬼へと変わったあとも見ものでした。

この日、寒かったのと、のどをやりやすいのもあって
マスクしておいて良かったですよ。
口元がずっとにやけっぱなしでしてね、もうずっとニヤニヤして。
観ていてわーっと言いたくなるところを我慢していると
口元が緩んでくるんですよね。
恥ずかしいことに、たぶん、私はずっとニヤニヤしていたかもしれません。

なんかね、色々とあの場に入れたことが嬉しかったのもあるんですけどね。
何て言うか、こうチャリティーのためにこんなにも素晴らしい人たちが動いてくれるという
そして、多くの人がその場に集まったという、
その事実に対しても、嬉しく思ったのもあります。

本当に、本当に素晴らしいものを観させていただいたんだなと。

何より、体育館であのように舞台を設営できるというのも素晴らしいことです。

古典芸能は、
学校の教育にもっと取り入れたらいいのになと以前から思っていますが
改めて、そう思いました。

能を少しでもかじっている私としては、
なかなか稽古には今も行けていないのですが、
でもやっぱり、家でも仕舞の所作は繰り返し練習しようと思ったわけです。

あの美しい振舞いは、やはり普段の練習、
訓練で体に身につけさせなければいけないと。

≫ 続きを読む

日記   2016/11/08   chiyoasama

「大変な心配~ジュウゴマンの野望~」を観劇してきました

劇団夜想会アトリエ公演「大変な心配~ジュウゴマンの野望~」を
先日、お世話になっている先輩、多田広輝さんからのご案内で観劇してきました。
劇団夜想会は、私のある意味原点というか故郷というか
そういう場所で、主宰の野伏監督や個性豊かな面々で
短い期間でしたがとても楽しい時間を過ごさせていただきました。
いろんな部分で余裕ができたら、また稽古に通いたいなと思っているところです。

その、劇団夜想会には、
私が尊敬する先輩で多田広輝さんという、
とても優しく、笑顔が素敵な方がいらっしゃるのですが、
今回のアトリエ公演にお誘いいただいたので、
劇団夜想会アトリエ公演「大変な心配~ジュウゴマンの野望~」を観劇してきました。

11月末の「金色の采配」で鬼庭綱元役で出演してくれる藤井弘平くんも出演していて、
演出は、以前にとても稽古でお世話になった佐羽さんでした。
佐羽さんは、稽古の時はとても厳しい方なのですが、
ぬるま湯につかったような私にとっては、本当にあの時は目の覚めるような思いで、
佐羽さんには今でも本当に感謝しているととともに、
憧れの先輩の一人でもあります。

勉強したいのもあったので、佐羽さんにおすすめの席を教えていただいて、
じっくりとまじまじと観させていただきました。

ジュウゴマンが何なのかはネタバレになってしまうので詳細は書きませんが、
とりあえず、ジュウゴマンは子供ウケしそうな印象です。
本当に面白かった。
ジュウゴマンだけでもネタが作れると思います。
むしろ絵本にしてもいいんじゃないかしら、面白いと思う。

深水さんのピアノの演奏も素敵でした、
声がとても癒し系なんですよね。
おっとりした笑顔の素敵な女性です。

対照的に西原さんの姉御っぷり満載のお芝居は、
同性から観て「わーカッコいい!!」と思いました。
多田さんの演じる大吉と、対照的なしっかりものを演じられていましたが、
すごくすごく、それがまたカッコいいんですよね。
本当に素敵なお姉さんです。

藤井君は、表情がくるくる変わるのでそこが面白かったです。
真面目な印象がとても強かったのですが、
喜劇とかもハマるタイプの演者さんなんだなと。
ちなみに、「金色の采配」ではとにかく根っから真面目な綱元を演じてくれます。
なので、「大変な心配」とは真逆ですね。

多田さんは、とにかくあの笑顔の写真から想像できますが、
本当に人の好い、とにかくお人好しの役がとてもハマりますが、
役によっては本当に目力がすごいので、
そのギャップと、コミカルなお芝居にはとても笑わせていただきました。

佐羽さんの演出には、わーっと!わーっと!なりました。
感想を言い表しづらいのですが、
やはりなんかこう学ばせてもらえるなと、また思った次第です。
野伏監督のもとでは、確か演出助手などもされていらっしゃいましたし、
いろいろと舞台などもされています。
もちろんお芝居もとても素晴らしい方なので、
やっぱり憧れますね。

あとは会場のあの空間で、ここまでできるんだというのがわかったので、
そういった部分がとても勉強になりました。
今は朗読劇がメインですが、
立ち回りのお芝居をやるなら、こうしようとか色々と思いつきました。

本日が最終日になりますので、
ぜひ、お時間ある方は足を運んでいただいて、
楽しんできていただきたいなと思います。

多田さん、ありがとうございました!!!
本当、いつもお世話になってばかりなのですが、
今後も色々と学ばせていただきたいです。

≫ 続きを読む

日記   2016/10/30   chiyoasama

昨日はニコ生でしたね

昨日はニコ生でしたが、その前にShowRoomの配信をしていました。
昨日は「浅間の部屋(仮)」ご視聴いただきましてありがとうございました。
最近は、ただのコメント拾い放送になっているのが、あれですね。

放送に関して一言でいうならば、
願い事も目標もない人生なんて、
ただの名無しと一緒じゃないかなと。

そういえば、昨日はShowRoomの配信をちょっとしていました。
https://www.showroom-live.com/
楽屋裏から配信!
個人的には楽しかったです。
いろんなアバターとか見れたしね、リスナーさんたち親切だし。
むしろ、延々と一人でしゃべっていられそうな空気が良かったですね。
私としては、こちらの方が楽しかったので、こっちメインにしたいなとかちょっと思いました。

そろそろ旅に出たい。

≫ 続きを読む

日記   2016/10/27   chiyoasama

稽古それからニコ生

本日は、朗読劇「金色の采配」の稽古でした。
そして夕方はニコ生です。
本日はニコ生です。
 
浅間の部屋(仮)18時30分~

年内で、浅間の部屋(仮)をどうしようかなとちょっと考えています。
正直、現在は主宰公演で色々と忙しいのもありますからね。
それから、コメントに関して拾ってくれないなどいろいろDMも来ますけども、
全部拾っていたらキリがないというのが最近の状況ですね。
コメントは全部目を通しています。
それがつまらないと思うなら、それまでじゃないでしょうかね。

そういうわけで、ハロウィンも目前ですが、
人の迷惑にならないように皆様楽しみましょう。

さて、話が変わって金色の采配の稽古でした。
これはもう順調じゃないでしょうかね。
それぞれが課題を見つけつつ、
あとはもう来月しっかりと作り上げて本番に挑むだけです。
相変わらず安定感のあるメンバーで場を作り上げられるのでホッとしてます。
トラブルがないのとか揉め事がないのとか、
皆、ある意味自由にやってくれるのがいいですね。
こういう空気感ってすごく大事です。
これは、出演してくれる演者にとても感謝しています。
全員体調を崩さないようにすることと、
浅間もこれ以上、左耳が悪化しないことを願っています。
相変わらず聞こえていませんが、そういう運命なのでしょう。

金色の采配の予約は相変わらず受付中です。
今回、演者がみんな気合入っているので、
当日を楽しみにしてくださいね。

≫ 続きを読む

日記   2016/10/26   chiyoasama