日々是好日

録音の件について

Twitterでの私の発言にて
ご心配おかけしたこともあり、
少し公演に関する録音についての見解を説明致します。
私の主宰公演に関しまして、
主催側で、時々カメラで映像を記録しております。
それは、私自身の制作の見直し及び出演者様にお渡しし、
今後の参考の一つにして頂ければと思っているためです。
そして、後輩達が自分で何かをする際の参考にしてくれればと思っています。
事前に、カメラが入りますということは伝えてあります。

録音に関しましては
稽古であっても確認するべきかと思います。
演出家の中には録音に関して否定的な方もいらっしゃいます。
上演中の録音に関しましては
出演者の場合は、まず主催側に相談があってから、
そして、主催側が他の出演者に確認してからだと思っています。
今回、確認が無かったために該当者へのTwitterでの発言となりました。
この件で多数の方にご心配おかけいたしました。

当たり前のことですが、
基本的に撮影・録音OKとアナウンスがない限り、
舞台芸術にしても、音楽にしましても
上演中の撮影・録音はNGです。
個人の使用とあっても昨今、SNSの利用が高まっていますため、
何かの拍子、手違いで流出がある可能性があります。
私としましては、制作側・お客様のことを考えましたら、
あってはならないことだと考えています。
また一部シーンを宣伝や公演後に当日の様子を伝えるために、
利用する以外での使用は考えられません。
該当場面の出演者の許可を得た上での利用が当然だと思っています。

私の反応は、過剰なのかも知れませんが、
4月に神社公演を控えております。
こちらは、撮影NGの場所となっております。
こういったことからも、撮影・録音などの行為には、
私だけでなく、出演者の信用問題に関わります。
今後、きちんとした対応を務めていこうと思います。

そして今回、ご心配・ご迷惑おかけいたしました
全ての皆様へ
深くお詫び申し上げます。
まことに申し訳ありませんでした。

2017年3月1日 浅間千代
日記   2017/03/01   chiyoasama

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください